規約

日本SUP振興会 規約

第1章 総 則

【名 称】

第1条

 本会は、日本SUP振興会(ニホンエスユウピーシンコウカイ)という。
 英語名は japan SUP organization とする。

【目 的】

第2条

 本会は、SUPの振興のため必要な諸対策について積極的な推進をはかり、もってSUPの発展に寄与することを目的とする。

【事 業】

第3条

 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) SUPについての普及・振興
(2) SUPについての安全対策の啓蒙
(3) その他第2条の目的達成に必要なこと

 【事務局】

第4条 

 本会は主たる事務局を、神奈川県三浦郡葉山町堀内1173-3 (有)オフィスアビーム 内に置く。

第2章 会 員

【正会員の資格】

第5条

1. 本会の正会員は、SUPの販売事業を行っている者をもって構成する。
2. 正会員の入会は役員会の過半数をもって会員と承認とする。
3. 正会員は会費の入金確認をもって会員と承認する。
4. 会員は、法人の代表者として本会に対してその権利を行使する1人の者(以下「会員代表者」という)を定め、役員会に届け出なければならない。
5. 会員代表者を変更した場合は、速やかに変更届けを役員会に届けなければならない。

【経費等の負担】

第6条

1. 正会員は毎年度所定の納期に会費を納入しなくてはならない。
2. 会費の額は次の通りとする。

入会金  金 100,000円
正会員  金 60,000円

3. 正会員の期限は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
4. 入会金は設立年度中である、2015年3月31日までの入会法人には入会金は支払い免除とする。

【会員資格の喪失】

第7条

 会員は次の理由によりその資格を失う。

(1) 第5条に掲げる資格要件の喪失
(2) 解散
(3) 退会の届出
(4) 除名

 第7条第3号の届出は、30日前までに所定の書面をもって届出をしなければならない。
 第7条第4号の除名は、次の各号に該当する場合に役員会の決議により、これを行うものとする。ただし、これを行う場合は、あらかじめ当該会員に通知するとともに、役員会において弁明の機会を与えるものとする。

(1) 本会の名誉を傷つけた時
(2) 本会の設立の趣旨に反する行為を行った時
(3) 経費の支払、その他本会に対する義務を怠った時

【拠出金品の不返還】

第8条

 会員が第7条の規定によりその資格を喪失した時は、本会に対する権利を失い、義務を免れる。ただし、未履行の義務は、これを免れることができない。
 本会は、会員がその資格を喪失しても既納入の入会金、会費及びその他の拠出金はこれを返還しない。

【加入及び脱退】

第9条

 本会の会員になろうとする時は加入申込書を、脱退しようとする時は脱退届を提出することにより、本会に加入または脱退する。

第3章 役員会

第10条

 本会に次の役員を置く。役員は正会員から選ばれ、現職役員の2分の1以上の推薦で決まる
 理事長1名、副理事長2名、常任理事6名以内、監事1名とする。

【役員の職務】

第11条

1. 理事長は、本会を代表し会務を総理する。
2. 副理事長は理事長を補佐し、理事長に事故ある時はその職務を代理する。
3. 理事は、本会の業務執行についての事項を審議する。
4. 監事は、会務の執行を監査する。

【役員の任期】

第12条

1. 役員の任期は、毎年4月1日から翌々年3月31日までの2年間とする。但し、役員の任期は、前任者の残任期間とする。
2. 役員は、再任されることができる。
3. 役員は、就任し、または任期が満了した場合においても、後任者が就任するではその職務を行わなければならない。

【役員の解任】

第13条

 役員に、役員としてふさわしくない行為があったときは、役員会において二分の一以上の同意を得て解任することができる。

第4章 会 議

【役員会】

第14条

 役員会は、理事長が必要と認めたとき、理事長がこれを召集する。次の事項は役員会の議決を経なければならない。

(1) 規約の変更
(2) 会費の額
(3) 事業計画および収支予算
(4) 事業報告および収支決算
(5) その他必要な事項

第5章 経費及び会計

【経 費】
第15条

 本会の経費は会費の収入をもって当てる。

第16条

 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る。

附 則

 この規約は、2014年1月16日から適用する。